花粉症でお悩みの方に花粉症特集

日本気象協会発表2017年スギ花粉前線

花粉症でお悩みの方に花粉症特集

2017スギ花粉前線

もうそろそろ花粉対策を!

この先1月下旬から2月にかけて、全国的にほぼ平年並みの気温になる見込みです。

そのため、2017年春のスギ花粉の飛散開始は全国的に例年並み、つまり2月上旬には九州北部・中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまるでしょう。

関東甲信地方では、2月中旬には花粉シーズンへ突入する見込みです。

ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛びはじめます。

「花粉飛散開始」という言葉を待たずに、花粉対策をはじめる必要があります。

2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよさそうです。

(※飛散開始:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日)

3月は各地でスギ花粉の飛散ピークに

スギ・ヒノキ花粉の飛散数がピークになる時期は、花粉シーズン中の気温や予想される総飛散数と関係があると考えられます。

2月の気温はほぼ平年並み、3月の気温は平年並みかやや高い予想ですが、ピーク時期を早めるほどではないでしょう。

このため、スギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期は例年並みの見込みです。

スギ花粉のピーク予測は以下のとおりです。

福岡:2月下旬から3月上旬

高松・広島・大阪・名古屋・東京:3月上旬から3月中旬

金沢・仙台:3月中旬から3月下旬

環境省花粉観測システム(はなこさん)情報提供

花粉の測定は、従来から、固定式の採取器で1日1回花粉を採取し、顕微鏡を用いて花粉数を数えるダーラム法が用いられてきました。

しかし、近年、花粉自動計測器が開発され、花粉の飛散状況をリアルタイムで把握できるようになりました。

環境省では花粉症状の軽減など国民の皆様の健康維持に資するため、平成14年度から順次、花粉自動計測器を設置し、花粉飛散データを自動的に収集して表示する「環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)」の構築を進めてきました。

平成19年度には、北海道・東北地域に花粉自動計測器の設置が完了し、スギ花粉の少ない沖縄県を除く全国において、花粉飛散状況を把握できる体制が確立しました。

また、平成20年2月からは、携帯電話向けのホームページの提供も開始しています。

花粉症を防ぐグッズの紹介

花粉症は、体内に入ってきた花粉に対する体の防御反応です。

大量の花粉に出会うと、体は花粉を異物とみなし、抗体を生み出します。本来であれば、異物を排除するための抗体は体を守るものです。

しかし、その抗体が一定量を超えると免疫反応が過剰になり、鼻水や涙などの症状が出てしまいます。これが花粉症です。

近年は花粉の飛散量が増加しているため、患者数も増え続けています。

「アレルギー性鼻炎の全国疫学調査」によると、1998年から2008年の10年間でスギ花粉症の有病率は10%上昇したそうです。

つまり、今は花粉症でなくても、いつか花粉症を発症してしまう可能性は大いにあります。

そうならないためにも、できるだけ花粉の侵入を防ぐことが大切です。

花粉を遮断!対策に有効なグッズ7選

1.マスク

2017スギ花粉前線

花粉症の予防と対策に最も効果的なのは、マスクの着用です。

様々な種類のマスクが市販されていますが、必ずしも「花粉症用」のマスクを使う必要はありません。

花粉症用のマスクは息苦しいと感じる方は、通常のマスクを着用するだけでも、体内に入る花粉の量を3分の1以下に減らすことができます。

また、スギ花粉は水につきやすいため、湿ったガーゼをマスクに挟み込むとさらに効果が増します。

2.メガネ

2017スギ花粉前線

花粉が飛び始めると、目のかゆみに悩まされる人も多いと思います。

目に入る花粉を防ぐためには、メガネが非常に有効です。

もちろん度が入っている必要はないので、視力に問題がない人も、この時期はダテメガネを着用すると良いでしょう。

また、普段コンタクトレンズを使用している人は、特に注意が必要です。

コンタクトレンズと結膜との間で花粉が擦れ、炎症を起こす原因となることがあります。

できるだけメガネを着用するようにしましょう。

3.化学繊維の服

外出した際に服に花粉がつくと、どんなに窓を閉めて対策しても家の中に花粉を持ち込んでしまうことになります。

ウールなど、表面がふわふわした衣類は静電気が起きやすいため花粉が付着しやすいので、花粉症シーズンには避けたほうが無難です。

逆に花粉が付きにくいのは、ポリエステルなど化学繊維や綿など、表面がツルツルしていて静電気が起きにくい素材です。

ツルツルの服なら、もし花粉が付着してしまっても簡単に振り払うことができます。

室内に入る前には、服から花粉を払うのを忘れずに。手で払うのに抵抗がある場合は、洋服ブラシを使うと便利です。

4.帽子

2017スギ花粉前線

花粉が付着しやすいのは、表面に出ている顔や頭。特に髪は、付いてしまった花粉を落とすのが困難です。

頭の花粉は、帽子をかぶることで避けられます。

長い髪の方は、髪をまとめて大きめの帽子ですっぽりと覆うと安心です。

花粉症予防以外に防寒効果もありますし、おしゃれ気分でお気に入りの帽子をかぶって出かけてみてはいかがでしょうか。

5.花粉防止クリーム

鼻の穴に塗って、体内への花粉の侵入を防ぐクリームが市販されています。

このクリームには花粉症の症状を軽減させる成分は含まれていませんが、花粉が粘膜につくのを防ぐ効果があります。

マスクを通り抜けてしまった花粉を止める最後の砦です。薬効成分を含まないため、抗アレルギー剤に比べると副作用の心配もかなり少なくなっています。

花粉防止クリームは、薬局などで購入できます。値段は少し高めですが、ひどい花粉症に悩まされている方は早めに購入して試してみると良いかもしれません。

6.静電気防止スプレー

上記のとおり、服や帽子、カバンなどに花粉が付着すると、家に持ち込むことになりかねません。

化学繊維のツルツルとした素材の服を着ていれば花粉が付着すること自体少ないのですが、どうしてもウールや毛皮の服を着たい日は、静電気防止スプレーを吹きかけておきましょう。

静電気さえ防止すれば、着合わせをそれほど気にすることなく好きな服を着ることができます。

さらに、洗濯の際に柔軟剤を使用するのも静電気防止に有効な方法です。

柔軟剤には服を柔らかくする以外に、繊維同士のすべりをよくする働きがあります。

そのため、重ね着をした時の摩擦を防ぎ、静電気が発生するのを抑えることができるのです。

7.人工涙液

メガネを着用していても、一部の花粉は目に入ってきてしまいます。目の表面に付着した花粉を洗い落とすときにオススメなのが、人工涙液の使用です。

目の表面は、涙で覆われています。水道水で目を洗うと、涙を洗い流すだけでなく、目の細胞を傷つけてしまいます。

人工涙液は、塩化ナトリウム・塩化カリウムを含む点眼薬で、ドライアイの治療などにも用いられます。涙と似た性質を持つため、目を傷つけずに花粉を洗い流すことができるのです。

人工涙液は、薬局などで市販されています。家に帰ったら、洗顔、うがい、鼻をかむのに加え、人工涙液で目を洗うのを習慣にしましょう。

まとめ

花粉症の予防や対策には、花粉を体内に入れないことが第一です。そして、早めに対策を講じることで、発症を防いだり症状を軽減させたりすることができます。

花粉症シーズンが近くなると、薬局にも対策グッズのコーナーが設置されます。

今はまだ症状が出ていない人も、有効なグッズをうまく使って、早めに対策を始めましょう!